坐骨神経痛 薬 リリカ

坐骨神経痛処方される薬、リリカについて

スポンサーリンク

 坐骨神経痛の症状と原因には、いくつかあります。
腰椎と腰椎の間が狭窄し、押し出された椎間板が坐骨神経を刺激するタイプ、腰椎と仙椎の間が狭窄し坐骨神経痛を出現させるタイプが、よく知られています。
一般的な腰痛は腰と骨盤の上あたりに痛みが生じることが多いですが、坐骨神経痛は、腰だけでなく、お尻と下肢にも痛みやコリ、しびれがでます。
歩行や座位という、日常の基本的な姿勢や運動を制限する坐骨神経痛は、整形外科医による定期的な診察と薬物療法、運動療法であるリハビリテーションやマッサージ、杖や歩行器の使用を含む装具療法を並行することで、治療を行います。
坐骨神経痛の鎮痛を目的とする処方薬として、大変ポピュラーなリリカは、痛覚過敏や神経を損傷したり刺激され発生する痛みに対し、効果を発揮します。
NSAIDsと名称でカテゴライズされる鎮痛剤が、整形外科でよく処方されますが、それら薬剤は、患部の炎症症状に対し有効である為、リリカとは全く作用の仕組みが異なります。

スポンサーリンク

 

坐骨神経痛の処方薬であるリリカは、刺激や損傷によって神経伝達物質が過剰に放出される状態を抑えるお薬です。
カルシウムイオンが特定のチャネルから神経前シナプスへ流入すると、神経が興奮し、過剰に神経伝達物質を放出することが知られています。
リリカの主成分は、そのカルシウムイオンのサブユニットに結合し、神経細胞表面のカルシウムイオン発現量を抑え、更に流入シナプスへの流入量を減少させます。
その結果、疼痛が緩和されるのです。
外傷や内因的理由による炎症と疼痛は、それらを発生させる仕組みが坐骨神経痛と異なります。
NSAIDsが処方される状態にリリカを服用しても、発赤や腫脹が治まらない理由は、作用機序の違いにあります。
坐骨神経痛に対し、安易に漫然と市販の解熱鎮痛薬を服用しない方が良いことは明白です。
リリカだけでなく、又市販か処方かを問わず、どのお薬にも副作用があります。
又体質に合うかどうかの問題もあるので、不明な点や長期服用に際し不安なことがあれば、医師に尋ねることをお勧めします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

痛くて辛い、坐骨神経痛にはツムラの漢方薬がおすすめ
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。