坐骨神経痛 湿布 貼る場所

湿布の貼る場所を工夫すれば坐骨神経痛の症状を軽減できる

スポンサーリンク

 坐骨神経痛と診断されれば、湿布による治療が必要になってきます。
貼る場所を間違えてしまうと、痛みが解消されないこともあり得ます。
痛みを感じる場所に湿布を貼るのは間違いではありませんが、坐骨神経痛の場合は足などにも痛みがでますが、太ももなどに貼ってはいけません。
坐骨神経痛を改善するためには、痛みの原因となっている場所に湿布を貼る必要があります。
貼る場所は、腰回りになりますが人によっては場所が少し違うこともあるので、医師に相談してから貼る場所を決めてもいいです。
坐骨神経痛は、腰の神経が圧迫されることにより痛みがでていることが多いです。
貼る場所を間違えなければ、症状が軽減される可能性が高いです。
また、急に痛みが出た時は冷湿布を使い、痛みが続いているならば温湿布を使うなど状況によって使い分ければ、より高い効果が期待できます。
坐骨神経痛なら、冷やすよりも温めたほうが回復しやすいといわれているので腰を温める方法も試してみるとよいです。

スポンサーリンク

 

貼る場所が正しくても、長い間湿布をつけたままにするまたは肌が弱い人は、交換することを忘れてはいけません。
肌が荒れるなどの症状があれば、医師に相談して使う湿布をかえてみるとよいです。
坐骨神経痛になってしまった時は、我慢せずに湿布の貼る場所を確認して使用するなどの対処をすればいいです。
しかし、普段から予防することも忘れてはいけません。
様々な要因で発症する可能性がありますが、姿勢が悪い状態を続けないことが重要です。
加齢によっておきることもありますが、腰に負担をかける生活を続けていると坐骨神経痛になる可能性が高くなります。
また、できるだけ症状が軽いうちに医療機関で診てもらったほうがいいです。
きちんと対処しなければ、痛みがひどくなり歩行に影響がでてしまうかもしれません。
坐骨神経痛を改善する治療手段は一つではありません。
病院ならば、症状に合った治療が受けられますので改善しやすいです。
痛みを我慢してもよくなることは、ほぼありませんので専門医などに相談するところから始めていけばいいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

坐骨神経痛の場合に湿布を貼る位置は気になります
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。