肥満が原因で坐骨神経痛になることも

スポンサーリンク

坐骨神経痛とは腰椎や軟骨が変形することで神経が圧迫され、腰痛や下肢の痺れなどを伴う症状です。
坐骨神経痛の根本的な原因はストレスとされています。
ストレスがかかると自律神経をコントロールしている脳の視床下部に悪影響を及ぼすので自律神経が乱れ、その結果血行が悪くなります。
すると、筋肉が緊張して硬くなるので筋力が弱まります。
その結果、神経が圧迫されて坐骨神経痛を発症するようになるのです。
坐骨神経痛は腰への負担が大きければ大きいほど症状が発生しやすいですし、症状が発生した後も症状が悪化しやすい傾向があります。
一般的に体重が重くなれば重くなるほど腰への負担が大きくなるので、肥満が原因で坐骨神経痛を発症することもあるのです。
ただし、肥満はあくまで原因の1つなので、肥満だからといって必ず発症するわけではありません。
痩せている人でも日常生活で腰に大きな負担をかけていたり、姿勢が悪かったりすることが原因で発症することがあります。

スポンサーリンク

病院での坐骨神経痛の治療は薬物療法や理学療法、ブロック注射などが行われますが、これらの治療法では症状を改善できなかった場合は外科手術が必要になることもあります。
外科手術以外は対症療法となるので根本的な治療効果は期待できませんが、外科手術は成功すれば根本的な治療効果が期待できます。
ただし、外科手術を行っても症状が改善しなったり、一時的に症状が改善してもまた再発したり、何らかの後遺症が残ったりすることがあります。
肥満が原因で坐骨神経痛を発症した場合はダイエットをして肥満を解消すれば症状を改善できることもあります。
ただし、運動によるダイエットは症状が悪化する原因となることがあるので、肥満状態にある場合は食事制限によるダイエットをすることが大切です。
ダイエットをして肥満を解消し、症状が改善できた後は定期的にウォーキングなどの運動をすれば肥満の防止につながりますし、筋肉を強めたりストレスを解消したりする効果も期待できます。
そのため、定期的な運動は坐骨神経痛の予防につながります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加