腰の左側または右側に激痛がはしる腰痛です

スポンサーリンク

坐骨神経痛とは、太ももから足にかけて、激痛を感じる病気です。
おしりからかかとにかけて通っている坐骨神経が刺激されることによって痛みを感じます。
お尻の左側または右側や太ももの後ろ、ふくらはぎが痛みます。
場合によっては、くるぶしやかかとまで痛みが響くことがあります。
このほかにも、足にしびれを感じたり、感覚が鈍ったりします。
また、腱の反射に異常がみられたり、歩くことが困難になったりすることもあります。
この激痛は、安静にしている状態でも続くことが多いです。
また、からだを曲げると腰痛が強くなるという特徴もあります。
常に左側あるいは右側に激痛を感じるため、少しでも腰痛を和らげようとして痛まないほうの足にばかり体重をかけていると、左側もしくは右側にからだが曲がってしまうこともあります。
この病名は、坐骨神経痛性側弯といいます。
坐骨神経痛の原因は、変形性腰椎症や脊髄腫瘍、椎間板ヘルニアなどであるといわれています。
左側または右側にある坐骨神経がこれらの原因に刺激されることによって、激痛が生じます。

スポンサーリンク

坐骨神経痛は、糖尿病、アルコール依存症、帯状疱疹などが原因となることもあります。
これらの原因の病気を患っていて、腰の左側または右側に激痛を感じるようであれば、坐骨神経痛が疑われます。
腰痛には、いろいろな病気が考えられます。
坐骨神経痛のほかには、ぎっくり腰や変性すべり症、腰部脊柱管狭窄症などが挙げられます。
また、腰痛に加えてわき腹の痛みもある場合は、水腎症や腎下垂などの可能性もあります。
そして、腰痛と発熱がある場合には、急性腎盂腎炎などの可能性もあります。
腰痛といっても、さまざまな病気があるため、診察を受けるときには、「腰の左側に激痛がある」など、具体的な症状を申告するようにします。
受診する科は、整形外科または神経内科になります。
整形外科は、脊椎に異常がある場合に受診します。
神経内科は、神経自体に原因があると考えられる場合に受診します。
治療は、薬や神経ブロックなど、症状に合わせた方法をとります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加