坐骨神経痛は完治までにある程度の期間が必要になります

スポンサーリンク

坐骨神経痛は非常につらく完治までにある程度の期間が必要になります。
だいたいがレントゲンなどでも異常がないといわれるのに痛みが消えないということで悩んでいる人が多いといえます。
坐骨神経痛は根本的な原因をつかんで自分である程度のケアをすることが大切になってきます。
痛みはある程度ケアをすることによってコントロール出来るようになってきます。
坐骨神経痛には短期型と長期型の二つのタイプがあるといわれています。
数日で痛みが和らぐタイプと半年以上もの長期間にわたって痛みが続いてしまうタイプです。
自分がどのタイプなのかをしっかり認識して対応していくことが非常に大切になってきます。
長期間にわたって痛みが続いてしまうタイプは脊椎に問題を抱えている場合が多いといえます。
腰部のヘルニアとでもいう症状です。
この場合には原因となっているヘルニアを除去しない限りは痛みが続いてしまうということになります。
そのために完治までの期間も長くなってしまうといわれています。

スポンサーリンク

短期型の坐骨神経痛の場合にはおしりの筋肉が過度に緊張することによって起こることが分かっています。
このタイプの場合には緊張している筋肉をほぐすことである程度症状を軽くすることも可能になります。
どうしても坐骨神経痛ということになると完治するまでの期間は腰やおしりの周りばかりが気になります。
しかし、実は非常に内臓が大きく関係していることが分かっています。
特に腎臓や肝臓の機能が低下してくると腰やおしりの周りが緊張するといわれています。
その認識がないことが余計に完治までの期間を長引かせてしまっている原因になっているともいえます。
そういう意味では肝機能や腎臓の機能を高めていくことが間接的に坐骨神経痛の完治につながってくるということになります。
ストレスを適度に発散させて緊張をほぐすことも立派な坐骨神経痛を完治に導く対処法になるということです。
自分で出来るケアとしてはインナーマッスルを鍛えることもあげられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加