妊娠初期の腰痛の原因とマッサージ方法

スポンサーリンク

お腹の大きくなる妊娠後期だけでなく妊娠初期にも腰痛や坐骨神経痛になる妊婦は沢山います。
妊娠初期には卵巣や子宮、胎盤などから「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されます。
このリラキシンには関節や靭帯などを緩める働きがあり、妊娠中にどんどん増えていくのが特徴です。
リラキシンが分泌されることにより、赤ちゃんを出産しやすくなるため妊婦にとっては必要な成分なのです。
ただ、関節や靭帯などを緩めるため、体の骨格が不安定になり神経と骨や筋肉などが圧迫され坐骨神経痛になってしまうのです。
妊娠初期の場合は徐々に骨盤や恥骨などが開くことにより、腰痛などの痛みを引き起こしてしまいます。
これらを引き起こさないためには、マッサージが大変有効なのです。
マッサージによって体を柔らかくし、関節の痛みを和らげることが出来るだけでなく妊娠初期に現れるむくみなども解消することが出来るのです。
もともと体が柔軟であれば、体の緩みや開きにも対応しており腰痛などの痛みの幅も少なくて済みます。

スポンサーリンク

血流が悪いと体の関節だけでなく、筋肉も硬直させてしまいます。
筋肉の硬直によって痛みが増すこともあるためマッサージによって解消してあげるのが良いです。
妊娠初期なのでお腹はまだまだ大きくなっていないため、大きな動きも可能です。
マタニティーヨガなどで体を伸ばしたり、妊婦でも受けることの出来るマッサージなどを利用するとよいでしょう。
妊娠初期はなるべく子宮に刺激を与えないものなら、お店などでも行ってもらうことが出来ます。
腰痛の施術などでうつ伏せになるものは避け、座ったまま足の付け根や股関節などの血流を良くする施術などなら受けることができます。
自分で行う場合も同様で、どうしても腰痛や坐骨神経痛などで痛いという人は、温めたりさすったりと軽いマッサージだけで体が楽になることもあります。
妊娠後期になると、胎児の重さでさらに腰痛が出てくることもあるので、どのようなマッサージが出来るかをしっかりと調べてから受けることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加