坐骨神経痛は運動していいでしょうか

スポンサーリンク

坐骨神経痛はなかなか治らないもので、痛みのあまり坐骨神経痛は運動しない方が良いのではと言う人も多くいます。
ただじっとしていても良くなるわけでは無く、病院へ行ってもなかなか治らないという人も多くいます。
昨今、坐骨神経だけでなく腰痛についてもですが、動かしなさいとの指導がされるようになってきました。
運動をしたことによって、痛みの軽減やしびれが小さくなったというような事例も出てきました。
では坐骨神経痛とは実際どういうものでしょう。
お尻の中央のやや下あたりからつま先の方にまっすぐに坐骨神経は伸びています。
人体の中では最も太くて長い末梢神経です。
この坐骨神経のどこかの部分が圧迫を受ける事によって感じる痛みであると言われています。
この神経の障害時の症状としては、お尻の辺りや腰、太ももの部分、ふくらはぎ、足の先などに電気が走るような痛みやビリビリしたようなしびれ感などを感じると言われます。
長時間の立位や座位でも腰痛が発生したり、筋肉の張りや痛みを訴えます。

スポンサーリンク

この坐骨神経痛の原因と言われているのが、腰部椎間板ヘルニアによる椎間板のはみ出しや飛び出しによる神経の圧迫、腰部脊柱管狭窄症による腰部の脊柱管の狭窄する事によりの神経痛、運動不足による筋肉の柔軟性の低下や筋力低下により坐骨神経痛の発症、妊娠による筋肉と骨の位置がリラキシンと言うホルモンによりずれてしまう事や妊婦中の疲労などがあります。
最近はストレスも原因の一つという事を言われてきています。
坐骨神経痛に効果的な運動は何でしょう。
激しく足や腰への負担のかかる運動していいとはいえません。
また運動していい状態と悪い状態があります。
痛みが軽減してきている時には、軽い運動やストレッチは運動していいと言われています。
ゆっくりとしたウォーキングやランニング、水泳などは今までに低下した筋力をゆっくりと鍛えることができるので運動していいと言えます。
運動をする前に軽くストレッチをしてから運動を行えば、さらに運動していいと言えます。
お風呂で体を温めてから運動していい体の状態を作り、ストレッチやヨガなどで筋肉をゆっくり伸ばすのも大変体のためにはいいでしょう。
後は適度な運動を継続的に実施する事を続けて坐骨神経痛を改善していきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加