椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は激痛が走ります

スポンサーリンク

まずは坐骨神経痛というものが何なのかということになります。
これは個別の病名を指すのではなく腰から足にわたって走っている坐骨神経が何かの原因によって痛むことを指す症状を指します。
椎間板ヘルニアは坐骨神経痛を引き起こす一番有名な疾患であるといえます。
実際になってしまうと非常に強い激痛を伴います。
椎間板ヘルニアはそれぞれの骨の間にある椎間板が何かの衝撃で飛び出してしまった状態をいいます。
その場合に神経を圧迫して激痛をともなうということになります。
よくスポーツをしている人がなるという印象がありますが人間は単純に二足歩行をしているだけで椎間板には負担がかかっているということになります。
非常に激しい痛みがともなうのですぐに外科手術の必要があると思われがちでしたが実は自然治癒することもあることがわかっています。
しかし大体は痛みのために手術を行うことも多いようです。
では坐骨神経痛と激痛を伴う椎間板ヘルニアとの間にはどのような関係があるのかということです。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアになってしまうと激しい腰痛やしびれといったことが起こってきます。
しかし圧迫されている神経によって場所は異なってきます。
坐骨神経痛の激痛を引き起こすのは椎間板ヘルニアが末梢神経を圧迫することで腰とは違う場所に痛みがしびれが起こってしまうということになります。
坐骨神経痛が本当にこわいのはそういうことです。
激痛をともなっている場所と実際の患部とは違うということです。
椎間板ヘルニアが坐骨神経痛を引き起こすのはそういう理由からであるということになります。
いずれにしても基本的に激痛を伴うことが多いために抗炎症剤などを用いることで症状が改善することを待つ保存療法ということが一般的であるといえます。
坐骨神経痛は本当に多くの場所で発症するということになります。
おしりはもとより太股やふくらはぎなどや足にも出ることがあります。
基本的に脚の一部もしくは脚全体に出てくることになります。
治療の基本としては先ほどの保存療法とストレッチなどで対応することが基本になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加