坐骨神経痛 湿布 貼る位置

坐骨神経痛の場合に湿布を貼る位置は気になります

スポンサーリンク

坐骨神経痛になってしまった時に気になることとして湿布に関連することがあります。
まずは温かい温湿布を使うのか冷たい冷湿布を使うのかということです。
急性の痛みの場合は冷やすことが大切といわれています。
坐骨神経痛のような長期間に及ぶ症状の場合には温湿布が向いているということになります。
もちろん貼る位置なども気になる項目のひとつです。
坐骨神経痛は基本的におしりの周辺や足に痛みがしびれが出てくるので痛みのあるところに貼ってしまうことがあります。
しかし実際には貼る位置としては不正解ということになります。
腰の筋肉の緊張をほぐす必要があるので骨盤から背中の周辺が正しい貼る位置であるということです。
実際に病院で診察を受けて処方してもらった湿布であれば問題ないですが、自分で市販の物を使うような場合には間違いの無いように十分に注意して購入することが大切になってきます。
間違ったものを選んでしまったりすると逆効果になってしまうこともあります。

スポンサーリンク

坐骨神経痛は痛みの出ているところに原因がない場合が多く湿布などを貼る位置を間違えてしまうケースが非常に多いといえます。
普通に打撲や捻挫といった症状であれば痛みの出ている部分が貼る位置ということになります。
しかし坐骨神経痛の場合には痛みのある場所と痛みの原因になっている場所が異なっている場合が多く足に痛みがあっても骨盤のあたりに貼らないと効かないということも出てきます。
ここは病院でしっかり湿布を貼る位置を確認して間違いのないようにすることが大切になってきます。
坐骨神経痛に限らないことですが湿布を使用するときには使用上の注意点をしっかりと確認して使用することが大切になってきます。
肌に合わない場合などは出来るだけ早めに使用を中止して主治医に相談することが大切になってきます。
間違った使い方や合わないものを使っていると逆効果になってしまうばかりか問題が起こってしまうことも出てきます。
その点は注意が必要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

湿布の貼る場所を工夫すれば坐骨神経痛の症状を軽減できる
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。