坐骨神経痛には痛みの期間が異なるタイプがあります

スポンサーリンク

坐骨神経痛は非常に厄介な症状だといえます。
痛みがあるのに検査などで異常なしといわれてしまうこともあります。
そうなってくると完治するのかいつまで痛みと付き合う必要があるのかといった期間に関する不安がでてきてしまうということがあります。
実際には坐骨神経痛と呼ばれる症状の中には様々なタイプがあり対処法も異なってきます。
当然痛みが和らぐまでの期間も変わってきます。
自分がどのタイプなのかを知る事で適切な坐骨神経痛への対処ができます。
まずは期間から考えると比較的短期間で症状が軽くなるタイプと何年も治らない長期型とがあります。
坐骨神経痛で何年も続いているという場合にはヘルニアなどが脊柱に出来ている場合があります。
この場合にはヘルニア自体の治療をしないかぎり完治することはないということになります。
逆に短期間の場合にはおしりの筋肉の緊張によってひきおこされている場合が多く、この場合には数ヶ月程で完治することが多いといえます。

スポンサーリンク

坐骨神経痛は症状によって非常に大きく痛みの期間が変わってきます。
その事を自覚して自分がどのタイプなのかを把握することから始めることが大切です。
もちろん専門医に診断してもらうことが大切になってきますが、自分からのアプローチも非常に重要になってきます。
セルフケアをするかどうかで坐骨神経痛は痛みの期間が本当に変わってきます。
ストレッチなどを行うことで緊張している筋肉をほぐしてあげることも非常に大切になってきます。
効果的なのはボールを使ったストレッチなどです。
もちろん痛みがでないように注意をしながらおこなう必要があります。
不安である場合には主治医のアドバイスを求めて間違いのない方法を選ぶことが大切になってきます。
どうしても数日といった単位で治る症状ではないので途方に暮れることもありますが治療を受けながら自分でもしっかりとケアをして気長に治すことが大切になってきます。
正しくケアしていくことで確実に治るので安心して進めていくことです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加