坐骨神経痛 妊婦 ストレッチ 方法

妊婦が坐骨神経痛になった時にはストレッチも方法のひとつです

スポンサーリンク

 妊婦が坐骨神経痛になってしまうことは多くストレッチなどの方法は非常に効果的であるといえます。
妊婦が坐骨神経痛になってしまう理由についてはやはりお腹が大きくなってくるからです。
普段よりもかなり体重も重くなりますし腰の周辺にかかる重みも非常に大きいということになります。
坐骨神経痛はよくいわれる名前ですが実際にそういう病名はなく腰のあたりから足まで伸びている坐骨神経が圧迫して起こる症状の総称のようなものです。
妊婦は大きな荷物をお腹に抱えているようなもので、それだけでも腰より下に大きな負担がかかります。
まずは腰痛になってきて、それからおしりの周りなどが痛くなっていくことが多いようです。
だいたいは出産をすると治っていく場合が多いといわれています。
妊娠中に坐骨神経痛になってしまった場合には様々な対策がありますが、ひとつは体を温めるという方法です。
冷えはしびれや痛みの原因になってしまうからです。
しかし、これだけでは不十分なこともあります。

スポンサーリンク

 

後は骨盤を安定させるベルトを着用することです。
妊婦は骨盤に非常に大きな負担がかかります。
そのためこういった方法は効果が高いといえます。
坐骨神経痛は多くの妊婦を悩ませる症状であるために多くの対策が考えられてきています。
その中でもストレッチは非常に簡単に体をほぐして坐骨神経痛を防ぐのに最適な方法だといえます。
妊婦は無理をすることが一番いけないのでストレッチをするときもパートナーに手伝ってもらうなどということが必要になってきます。
そして急激に行わないということも大切になります。
急激に動かしてしまうと逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。
妊婦のストレッチは体をひねるとか足を伸ばすといった簡単な動作を毎日少しずつ続けていくことが必要になります。
無理してストレッチをするのが一番良くないということです。
基本的に寝た姿勢でできるストレッチを中心にメニューを組み立てるという方法が一番長続きします。
ストレッチは呼吸とセットなのでしっかりと呼吸をしながら行う方法を実践することが大切になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

座ってできる坐骨神経痛のストレッチ
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。