坐骨神経痛 ふくらはぎ痛

坐骨神経痛で一番多いふくらはぎ痛

スポンサーリンク

 坐骨神経痛とは、腰から下肢にかけて通る坐骨神経が圧迫や障害を受ける事で発生する痛みです。
腰痛と間違いやすい痛みの症状ですが、腰痛は腰とお尻に痛みを生じるのに対し、坐骨神経痛はお尻から下肢にかけて痛みやシビレを生じるのが特徴です。
坐骨神経痛は中高年に多く発症し、少し歩くだけで足が激しく痛んだり、腰を動かすと足が痛んだりなど生活上大きな負担となります。
中には安静にしていても足が激しく痛んで眠れない状態になる事もあります。
坐骨神経痛で一番多いのが、ふくらはぎ痛と言われています。
坐骨神経痛の痛みは腰を中心に下がってくる傾向にあり、足の下に行くほど重症化している事があります。
痛みは腰から太ももへ移動し、更に太ももからふくらはぎへと移動します。
そして最終的には足の裏側にいたみを発症するようになります。
この様に、ふくらはぎ痛が出る場合には症状が重い方向へ向いている可能性が高く、これ以上悪化させないように注意が必要です。

スポンサーリンク

 

ふくらはぎ痛が出る場合、ふくらはぎだけがダメージを受けているのではなく、お尻の筋肉と太ももにもダメージがあると考えられており、ふくらはぎ痛だけを抑えても一時的に改善されるだけですぐに再発してしまいます。
ふくらはぎ痛を改善するには、痛みの原因となる坐骨神経が圧迫されている状態を改善する事が先決であり、圧迫が無くなり血流が良くなればふくらはぎ痛も改善されます。
坐骨神経を圧迫する原因には変形性腰椎症などがありますが、一番多いのが腰椎椎間板ヘルニアです。
腰椎にある5つの骨は、いくつかのクッションの役目をする組織でつながっています。
しかしクッションの役目となる組織が弱くなってしまうと椎間板の中にある髄核が押し出されてしまい神経を圧迫してしまうのです。
坐骨神経痛の治療手順は薬物療法、理学療法、神経ブロック療法と進んで行きます。
しかしそれでも効果が出ない場合には、内視鏡やレーザーを用いた手術による治療が必要になる事もあります。
坐骨神経痛を重症化させない為にも、早めの受診と継続的な治療が必要となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加