坐骨神経痛 ストレッチ 座って

座ってできる坐骨神経痛のストレッチ

スポンサーリンク

 坐骨神経痛は、腰から太ももを通って足先に伸びる神経です。
その神経の通り道がどこかで物理的な障害を受けることで、しびれや痛み、張り感、重だるいなどの症状が現れる症状です。
坐骨神経痛とは総称であり原因としてはいくつか挙げられます。
一つは、椎間板ヘルニア、他は脊柱管狭窄症や腰椎すべり症などが多くみられます。
圧迫や障害を受ける場所によって、出る症状や部位が変わってきます。
坐骨神経痛と疑われる症状は、足を動かすと痛みが悪化する、座っている行為をずっと続けたりすると痛む・足の脱力感・感覚が鈍くなる、安静にしていても臀部や足が痛むなどがあります。
このような症状は左右同時ではなく、片方の足に出ることが特徴です。
坐骨神経痛の治療法はまず痛みを取ることことが第一です。
自分でできるストレッチには、簡単にできるストレッチから複雑なものもありますので自分に合った方法を探してやってみましょう。
自宅でできるストレッチには、座ってできる方法がいくつかあります。

スポンサーリンク

 

座ってできる坐骨神経痛の痛みを軽減するストレッチをいくつかご紹介します。
一つは、正座をしたまま後ろに寝ることで骨盤が伸びます。
骨盤のゆがみを取ることで様々な神経の圧迫から解放されます。
左右の足の長さが違う場合もこの方法で長さが揃うということも改善されます。
また、座って足を開き痛みのないほうの足の裏をもう片方の足の膝のところまで持っていきます。
その状態で伸ばした足のほうに向けて前屈をします。
太ももの裏側がよく伸びるのが実感できます。
いずれの方法も座ってできるので無理せずゆっくりとした気持ちでできるので時間があるときに続けてみましょう。
どのようなストレッチでも症状が完全に治まるものではないので、継続して毎日行うことが大事なことになります。
自己診断するのではなくまず、医療機関を受診して適切な診断と治療を試みたうえで、坐骨神経痛の痛みを軽減できるストレッチ法をやってみましょう。
痛いからと言って何もしない・動かないのではさらに筋肉が固まってしまって悪循環です。
座ってできるストレッチは高齢者でもできます。
無理せず続けることが痛みから解放されることになるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

妊婦が坐骨神経痛になった時にはストレッチも方法のひとつです
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。