腰痛 左側 ストレッチ

腰痛が左側だけに起こる場合には最適なストレッチがあります

スポンサーリンク

 腰痛が左側だけに出てしまうということがあります。
そのような場合には最適なストレッチ法があります。
腰痛が出て左側だけがしびれていたりすることがある場合にはストレッチをして伸ばしていく必要があります。
腰痛が左側だけに出てしまうということになる原因としては、筋肉の炎症である場合や骨などの歪みによって出ている場合、ヘルニアや坐骨神経痛によって出ている場合、それに内臓から出ている場合など本当に様々です。
しかし、どの原因によるものであっても改善のためのストレッチは同じです。
その場合には左側だけをストレッチで伸ばすのではなく関連するところをまんべんなく伸ばしていくことが大切になってきます。
具体的には静かに動かしていくことが大切です。
伸ばそうと無理をすることで余計に症状を悪化させてしまうようなことになってしまう可能性も出てきてしまいます。
そうならないためにはしっかりと専門家の指導の元にストレッチを行うことが大切です。

スポンサーリンク

 

左側だけが腰痛で痛むというような場合のストレッチは基本的には寝た姿勢で行います。
両膝を曲げてゆっくりと左右に倒していきます。
くれぐれもゆっくりと呼吸も合わせながらおこなっていくことが大切になってきます。
腰痛が左側だけに出ているからといって腰痛のある左側だけをやればいいというわけではなく両方の方向に行うようにする必要があります。
必ず無理をしないように動かせる範囲内で行うことが非常に重要です。
痛みがある場合にはむやみに動かすことをせずに安静にしていることも大切になってきます。
実際に辛かった腰痛もストレッチをするだけでかなり軽くなるということを実感することが出来るはずです。
当然一日で痛みがなくなるというようなことはなく、日々少しずつ出来る範囲でおこなっていくことが大切になってきます。
何日か続けることで必ず効果があらわれてくるといえます。
伸びている実感を感じながらストレッチを行うとより効果的におこなうことが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

右側・左側だけ痛む腰痛は病院で治療、骨格の歪み予防はストレッチ
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。