妊娠初期に現われる左側の腰痛について

スポンサーリンク

妊娠初期の症状のひとつに、腰痛になる女性も少なくありません。
妊娠初期に腰痛が引き起こされる原因については、「リラキシン」という卵巣ホルモンが関係しています。
妊娠すると同時にリラキシンの分泌が始まり、女性の身体は出産に向けて骨盤を徐々に広げていく状態となります。
つまり、リラキシンが分泌されることによって、骨盤の周りの靭帯が緩んでくるために、妊娠初期から腰痛の症状が現れるようになります。
 妊娠初期の腰痛で、左右のどちらか一方に腰痛の症状が強く出ている場合には、普段からの姿勢の悪さが左右どちらかに痛みが出る要因となっています。
普段から左右のどちらかに偏った姿勢がクセになってるという場合に、このような腰痛の症状が現われます。
前述しましたように、リラキシンの影響で恥骨結合部分など産道にかかわる部分の関節が緩むのですが、日常的に足を組む、片側に体重をかけるような姿勢の癖がある女性は、さらに関節部分の歪みがひどくなり、左右どちらかに痛みが強く出るようになります。

スポンサーリンク

 妊娠初期には、つわりを始めとしてさまざまな体の不調が現れてきます。
妊婦さんが罹患しやすい病気として「水腎症」が挙げられるのですが、水腎症になると左側はまったく痛まないのに、右側だけ腰痛の症状が現われます。
水腎症に妊婦さんが罹患しやすいのは、妊娠すると子宮が大きくなって尿管し、正常に排尿することができなくなることが原因となります。
排尿されなかった尿が腎臓にたまり、腎臓が腫れあがってしまうために水腎症にかかってしまうというわけです。
 水腎症は子宮が大きくなる妊娠中期以降の発症率が高いのですが、妊娠初期に罹患することもあります。
水腎症は胎児には影響を及ぼさないのですが、ひたすら妊婦さんは左側ではなく右側にだけ起こる腰痛に耐えなければいけません。
水腎症の治療には尿管ステントという治療法があるのですが、ステントを入れるためにはレントゲンが必要となりますので、胎児への影響があるために妊婦さんはNGとなります。
あまりにも痛みがつらい時には、痛み止めを処方してもらうこともできます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加