坐骨神経痛の楽な姿勢

スポンサーリンク

坐骨神経痛と言う病名を聞いたことがある方は多いと思います。
坐骨神経痛の神経は腰から膝のあたりまできていて広範囲で痛みを生じます。
腰痛を感じる方もいれば足の痛みを訴える方もいます。
痛みの度合いも人により違います。
広範囲の神経が圧迫されて起こる症状なので原因を特定しづらいのも特徴です。
椎間板ヘルニアや腰部柱管作狭窄症などが原因の場合には治療をすると痛みは改善します。
原因が特定できなくて長期にわたり痛みで苦しむ方も少なくありません。
坐骨神経痛の方の改善方法を考えてみましょう。
長時間の無理な姿勢や同じ姿勢は痛みを圧迫させてしまいます。
パソコン作業や事務作業は腰や背中、足にも良くありません。
また、重労働で重いものを持つ仕事も注意です。
坐骨神経痛の検査と治療方、改善方法で痛みは緩和しますので安心しましょう。
痛みをあまり気にしすぎることも脳が痛みをインプットしてしまいます。
痛みをあまり意識しないで過ごすことが良いかもしれません。

スポンサーリンク

坐骨神経痛の方の楽な姿勢は、人により違います。
腰を前かがみすると楽になる方もいれば、横になると楽に感じる方もいます。
痛みが生じると座ったり立ったりする方もいます。
楽な姿勢で生活することが体に良いので無理をしないで自分の体にあった楽な姿勢をとることをお勧めします。
坐骨神経痛の対策方法は、薬物治療で痛みを和らげること、リハビリを行う、ストレッチや体操をする、疲れたら休む、ゆっくりお風呂に入り体を温め血流を良くするなどが効果があります。
痛みがある箇所へ温湿布なども効果があります。
血流改善で痛みが緩和します。
仕事にしても家事も無理をしないことが重要です。
楽な姿勢があるなら周囲の方へ理解をしていただき楽な姿勢で仕事をすることも良いでしょう。
痛みを一人で抱えないで周囲の方への協力を得ましょう。
痛みは激しく続く時には、整形外科などの専門医に相談、受診、アドバイスをもらうことが良いでしょう。
生活に影響が出ないように楽な姿勢を考えてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加