リハビリテーションで治す坐骨神経痛

スポンサーリンク

坐骨神経は、腰から太ももを通り足の先まで伸びる長い神経の膝あたりまでの神経のことです。
このどこかで神経に障害が起きるとでる痛みが坐骨神経痛です。
坐骨神経痛の原因ははっきりしなことが多いのですが、特定できる原因としては、腰部の神経圧迫で起こる椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症や、腰の骨が内側にずれて神経を圧迫する腰椎すべり症などがあげられます。
症状としては腰からお尻、足にかけてしびれや痛み、足の張り感、重だるさ、足のムズムズ感など通常では現れない違和感や不快感が現れてきます。
診断するには問診のほかに、レントゲンやMRI画像によって診断可能ですので、一度は医療機関を受診して正しい診断を仰ぎましょう。
それによって薬物療法や注射などの処置、そしてリハビリテーションを行うことで痛みを改善することができるのです。
坐骨神経痛は治りにくいと言われていますが、リハビリテーションを続けていることで改善するものなのであきらめずに治していきましょう。

スポンサーリンク

整形外科でのリハビリテーションは、症状や患者さんに合わせてゆっくりと行っていくという方法です。
けして無理をさせずに少しづつ気長に行うことがリハビリテーションの利点です。
人によっては、坐骨神経痛と判断されたら、整骨院などでしっかりとした施術を好む人もいます。
程度や症状によって人それぞれなので自分に合った施術を選んでよいのです。
ただ、隠れた深刻な病気もあるので整形外科で、一度はレントゲンやMRIは撮っておくほうが良いのです。
リハビリテーションは痛みが強かったり、怪我の後のリハビリ、高齢者の方にはお勧めです。
坐骨神経痛の痛みは、はじめはしびれや少しの痛みなどで済みますが、放っておくと、歩くこともままならないくらいになってきてしまいます。
自分でできるマッサージやストレッチなどと組み合わせて、リハビリテーションを行うことで痛みを軽減したり取り除くこともできるのです。
坐骨神経痛が完治するということではないので、痛みを抑えることが第一の目標ですから、できるだけ継続して続けていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加