腰痛 原因 症状 対策法

女性の急な腰痛の原因・症状・対策(卵巣嚢腫・臨月・歩けない・高温期・5日目)記事一覧

卵巣嚢腫が疑われる症状の一つに腰痛がある!自覚したらかなり深刻?卵巣は、とてもデリケートで腫瘍のできやすい器官です。卵巣にできる腫瘍は卵巣嚢腫と充実性腫瘍2つに大別されます。 今回はその中から卵巣嚢腫について、その症状や腰痛との関係についてみていきましょう。◆卵巣嚢腫とは 卵巣嚢腫とは、卵巣の中に液体や脂肪などの液体成分が溜まり、腫れている状態の嚢胞性腫瘍です。触ると柔らかく、肥大するとこぶし大以...

臨月になると腰痛がひどくて歩けない?それは出産の合図だった【その腰痛の元は恥骨にあった】妊娠して安定期に入り、ひどいつわりもおさまり油断していて腰痛に襲われる妊婦さんが多いのです。それは、まさに「歩けないほどにひどい腰痛」だと訴える人がほとんどなのです。もちろん、身体の中にもう一つの命があるのですから、腰にある程度の負荷はかかります。ただ心配なのは、「今まではなかった腰痛」だということです。もしか...

 急な腰痛は何が原因?女性はただの腰痛ではないかも? 急な腰痛は、日常生活に大きな影響を与えます。そして、不安になるものです。ここでは、急に襲ってくる腰痛の原因を探ります。さらに、近年増加している女性特有の腰痛の原因についてもご紹介します。 ただの腰痛なのか、他の病気が原因の腰痛なのか、冷静に見極めて医療機関を受診することが大切です。【急な腰痛!緊急性の有無は?】 腰痛の原因を探る前に、その腰痛は...

 今回は急な女性の腰痛の意外な原因と症状と治療法についてです。 腰痛は国民病であり、誰にでも発症する可能性があります。また、男性女性を問わず、多くの人が経験するといわれています。 そのような国民病といっても過言ではない腰痛は筋肉や骨などの運動器が原因で生じる疾患だといわれています。 例えば、いろいろな年代に発生する腰椎椎間板ヘルニアは運動器である腰椎と椎間板が関係しています。 そして、男性であって...

高温期が5日目を過ぎても続いたら妊娠のサインかも!産婦人科へ【高温期と低温期ってどう判断するの?】一般の成人女性の基礎体温は、低温期と高温期に分かれます。そして、低温期と高温期の分かれ目の前後にあるのが、排卵です。排卵前は、卵胞ホルモンが多く分泌されます。一方、排卵後は、黄体ホルモンが多く分泌されるのです。黄体ホルモンは、体温を上昇させる働きを持つので、排卵につれて基礎体温が上昇するという仕組みに...

 女性の体温は女性ホルモンの分泌によって変動します。 具体的には、0.3度から0.5度くらいの変動だといわれています。毎日、体温を測ることによって、排卵のタイミングを確認することもできるのです。 女性の体温の周期ですが、生理と関連しているように約28〜35日周期でまわってくるといわれています。 生理になると、約14日前後で排卵が起きます。そして、排卵日までは低温期が継続するのです。 さらに、排卵後...