腰痛 左側 鈍痛

腰痛痛で左側に鈍痛がある場合はすい炎を疑おう

スポンサーリンク

 腰痛痛で左側に鈍痛がある場合はすい炎を疑おう

 

【腰の左側だけに痛みが出ることってあるの?】
 腰痛が、腰全体に対してばかり起こるとは限りません。右や左の片側のみに起きる腰痛もあります。
 片側だけに鈍痛がある場合、2つの原因が考えられます。整形外科の診察が必要な場合と、内臓の病気が疑われる場合です。
 特に、左側の腰の鈍痛はすい臓の病気の可能性があります。
【どうしてすい臓の病気を疑うの?】
 では何故、左側の腰の鈍痛が、すい臓の疾患と関係しているのでしょうか。すい臓の位置は、胃の裏側であり身体に向かって左側にあるからためです。
 すい臓の周囲は、十二指腸で囲まれています。
 その機能も十二指腸での消化を促進したり、血糖値をコントロールします。そのために、ホルモンや消化液を分泌します。
 他の臓器と比べて、腰に近い場所にあります。そのため、すい臓が炎症を起こすと左側の腰に鈍痛が生じるのです。
 すい臓の炎症であるすい炎には、急性と慢性の2種類があります。アルコールや甘いものを多く摂取している人に、よく起きる症状です。

スポンサーリンク

 急性の場合は、我慢ほどの痛みを感じることもあります。そのため、治療に至る展開も速いです。
 しかし、慢性の鈍痛になってしまうと我慢してしまう方も少なくないでしょう。そのため、治療の開始が遅くなってしまうことが珍しくありません。
 最悪の場合は、すい臓の機能の回復が困難になってしまうこともあり得ます。

 

【すい臓の病気を疑う前触れとなる症状は?】
 すい臓の疾患のの前触れとして、このような順番で症状が進行します。
・左側の腰の鈍痛
・吐き気や食欲不振
・食欲の減退による体重減少

 

 以上のような前触れがある場合には、すい炎になっているかもしれません。
 速やかに病院で診察を受けましょう。

 

 次の記事です→

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

それは便秘のサインかも?腰痛を身体の左側に感じたら要注意!
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
深刻な便秘は腰痛につながる!特に右側が痛いのには理由があった
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
腰痛になったとき身体の右側の痛みは肝臓に注意
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
左側の鈍痛を感じる腰痛は内臓疾患の可能性??
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
腰痛で左側に鈍痛を感じた場合の原因
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
腰痛で右側だけに鈍痛がある場合の原因
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。