長引く腰痛の原因は足

長引く腰痛の原因は足かもしれない!筋力を鍛えるのがコツ

スポンサーリンク

長引く腰痛の原因は足かもしれない!筋力を鍛えるのがコツ

 

 

普段はあまり意識しませんが、地球には常に重力が働いています。
人間は、その重力とうまくバランスをとりながら生活しているのです。

 

◆足の筋肉は身体を支える基本
そのバランスを取るために、もっとも活躍しているのは「足」です。
そのため、日頃から足を鍛えて筋力を付けておかないと骨盤を中心にバランスを崩します。
実は、これが「腰痛の原因」であることが多くなっていると言われています。

 

足は地面と身体の間に存在する軸とも言えます。
足の筋肉が衰えると、気がつかないうちに少しずつ身体にゆがみが生じてしまうのです。

スポンサーリンク

しかし、痛みを感じて、医療機関でレントゲンを撮ってみても初期の段階では判断が難しいのが現実です。
このような場合は、骨盤から全体的にバランスを崩しているので気付きづらくなります。

 

◆足の裏は動く度に負荷がかかる
足の中でも、特に「足の裏」は、重力と闘うために体重の何番もの負荷に耐え続けているのです。
具体的には、どのくらいの負荷がかけられているのか、紹介しましょう。

 

●歩行中・・・体重の3倍ほど
●走行中・・・体重の5倍ほど

 

つまり、地面に足をつくたびに一定程度の負荷がかかっているのです。
原因がはっきりしない長引く腰痛に悩んでいる人は、無理をしない程度で足を鍛える努力をしましょう。
なにも急激に、ランニングを始める必要はありません。毎日、一つ手前の駅で降りて歩くのも良いでしょう。
また、自転車での通勤もオススメです。

 

原因が分らない腰痛は、足の筋肉の衰えを疑い、適度な運動を生活に取り入れましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

甘くみないで!腰痛と足のしびれは早めに病院へ!
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。