急な腰痛 原因 女性

急な腰痛は何が原因?女性はただの腰痛ではないかも?

スポンサーリンク

 急な腰痛は何が原因?女性はただの腰痛ではないかも?

 

 急な腰痛は、日常生活に大きな影響を与えます。そして、不安になるものです。ここでは、急に襲ってくる腰痛の原因を探ります。さらに、近年増加している女性特有の腰痛の原因についてもご紹介します。
 ただの腰痛なのか、他の病気が原因の腰痛なのか、冷静に見極めて医療機関を受診することが大切です。

 

【急な腰痛!緊急性の有無は?】
 腰痛の原因を探る前に、その腰痛は緊急を要するものかを探ってみましょう。
・安静にしていると痛くない
・痛みが日ごとに薄らいでいく
・常に痛いということはない
・体をゆっくり動かしていると痛みが薄らぐ

 

 上記のような状態の腰痛は、緊急性は薄いと言えます。数日安静にして、様子をみても良いと考えられます。

スポンサーリンク

【腰痛の原因を探りましょう】
 しかし、緊急性がないとは言え、腰痛は日常生活に大きな影響を与えます。症状が治っても原因が分かっていないと不安になるでしょう。場合によっては、女性には特に注意が必要な病気のサインかもしれません。そこで、代表的な腰痛の原因をご紹介します。

 

・ぎっくり腰

 

 安静にしていると薄くなる腰痛に“ぎっくり腰”が挙げられます。ぎっくり腰は血行不良や、体が硬くなってしまうことから起こります。日常のストレッチや血行を良くするマッサージが効果的です。ただし、炎症が起きているときには安静を保つことが大切です。

 

・子宮内膜症 /子宮筋腫

 

子宮筋腫や子宮内膜症による腰痛があります。この場合、ぎっくり腰とは違い安静にしていても痛みは軽減しません。安静にしても治らない腰痛は、早めに医療機関の受診が必要です。

 

・その他の原因

 

その他に多い腰痛は胆石症や椎間板ヘルニアによるものです。他にも大きな病気が隠れていることもあります。数日安静にした状態で症状が緩和されない場合は、病院で検査をしてもらう必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

卵巣嚢腫が疑われる症状の一つに腰痛がある!自覚したらかなり深刻?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
臨月になると腰痛がひどくて歩けない?それは出産の合図だった
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
急な女性の腰痛の意外な原因と症状と治療法とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
高温期が5日目を過ぎても続いたら妊娠のサインかも!産婦人科へ
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
高温期5日目に生じる腰痛の意外な原因と対策方法とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。