腰痛 痛み止め 飲み薬

腰痛に効く痛み止めを探している人へ!成分でみるオススメ飲み薬

スポンサーリンク

腰痛に効く痛み止めを探している人へ!成分でみるオススメ飲み薬

 

【飲み薬で対処したい人にオススメの痛み止め】

 

あなたが腰痛で病院に行こうと考えるのはどんな場合ですか?
例えば、「ぎっくり腰」や「ヘルニア」が疑われるような緊急事態でしょうか?
しかし、実は毎日すっきり健康で元気で生活している人というのは少ないのです。
あるアンケートで、「どこかに不調を感じますか?」という問いがありました。

 

これに対して「YES」と答える人は、日本国民の50%以上だという試算が出ました。
もちろん、この数字には「潜在的な患者」の割合も組み込まれています。

 

その「来院しない人」のほとんどは、腰痛を市販の痛み止めでしのいでいるとされているのです。
とはいえ、一体どの飲み薬が効果が高いのか模索している人も多いはずです。

 

そんな時にポイントなのが「飲み薬」の主成分です。
現在のところ、腰痛に効くとされる薬の種類は、2つあります。

 

それぞれについて、詳しく調べました。

 

◆NSAIDs (非ステロイド性抗炎症薬)
効能/鎮痛作用・抗炎症作用
副作用/内臓に負担をかけ、喘息や高血圧の持病がある人にはリスク大

 

※この成分が配合されている痛み止め

 

「ロキソニン」・「イブ錠」・「ラックル錠」etc

スポンサーリンク

◆メトカルバモール(中枢神経抑制薬)
効能/鎮痛作用・痙攣除去
副作用/眠気・めまい

 

腰痛の痛みを止める市販薬が効きづらい人もいます。そんな人にオススメなのが、「ドキシン錠」という痛み止めです。
痛み止めとは言っても、主な目的は「痛みを少しずつやわらげること」です。

 

そのために欠かせない成分が、「メトカルバモール」です。
腰痛を引き起こしている筋肉のこわばりを、解消する効果があるとされています。

 

あなたの腰痛は、熱を帯びていますか?
もしそうなら、抗炎症作用のある痛み止めがオススメです。また、慢性的な症状なら筋肉の緊張をほぐしてあげなくてはなりません。

 

迷った時には、薬局で薬剤師に相談してみて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腰痛の痛み止めに効果的なロキソニンで痛みにサヨナラ
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
つらい腰痛に効く湿布は?おすすめの市販薬が知りたい!
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
その腰痛ちょっと待って!貼るのは温感?冷感?痛みのタイプで選べ
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。