臨月 腰痛 歩けない

臨月になると腰痛がひどくて歩けない?それは出産の合図だった

スポンサーリンク

臨月になると腰痛がひどくて歩けない?それは出産の合図だった

 

【その腰痛の元は恥骨にあった】
妊娠して安定期に入り、ひどいつわりもおさまり油断していて腰痛に襲われる妊婦さんが多いのです。
それは、まさに「歩けないほどにひどい腰痛」だと訴える人がほとんどなのです。

 

もちろん、身体の中にもう一つの命があるのですから、腰にある程度の負荷はかかります。
ただ心配なのは、「今まではなかった腰痛」だということです。
もしかしたら、自分か赤ちゃんに何かあったのでは!と不安になっても当然でしょう。

 

しかし、心配はいりません。その痛みの発信元は、腰ではなくて「恥骨」と呼ばれる部位です。

 

【恥骨の痛みは順調な胎児からの合図】
「恥骨」とは、子宮を支えるのに大切な骨です。
赤ちゃんが順調に育つと、その子の体重を支えるために子宮が少しずつ下がってきます。
これが原因で、「恥骨」では支えきれずに腰にまで負担がかかり、腰痛になるのです。

スポンサーリンク

つまり、「急な腰痛」だと思っていたものは、「もうすぐ生まれるよ」という赤ちゃんからの合図です。
歩けないほどの痛みでも、これなら安心ですよね。

 

【安産のための準備をしている証拠】
さらに、赤ちゃんがスムーズに生まれるために、「産道」という道筋をつくらなくてはなりません。
これには、「リラクシン」という女性ホルモンの一種が頑張るのです。

 

今までは強固な骨が、腰痛への負担を防止していました。
しかし、この「リラクシン」の働きで、この「恥骨」がなめらかになります。
これが、臨月の腰痛の原因になるのです。

 

血行不良などにならないように、無理のないように運動をして、出産に備えましょう。
もちろん、歩けないほどの痛みが引くのを待ってから始めて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

関連ページ

卵巣嚢腫が疑われる症状の一つに腰痛がある!自覚したらかなり深刻?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
急な腰痛は何が原因?女性はただの腰痛ではないかも?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
急な女性の腰痛の意外な原因と症状と治療法とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
高温期が5日目を過ぎても続いたら妊娠のサインかも!産婦人科へ
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
高温期5日目に生じる腰痛の意外な原因と対策方法とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。