腰痛 激痛 動けない

腰痛の激痛で動けない時は無理に動くと危険です

スポンサーリンク

腰痛の激痛で動けない時は無理に動くと危険です

 

【ぎっくり腰の原因は腰のねんざだった】
急激な痛みで起きる、急性の腰痛の代表的なものが、ぎっくり腰です。ぎっくり腰は、激痛が一週間以内に治まり、腰の痛みだけが症状の場合を指します。
痛みが激しい場合は、横になって安静することが大事です。ただ横になって寝ているだけでなく、無理のない姿勢を取ったり動いたりすることも必要になります。

 

ぎっくり腰になると、多くの方が急な激痛で、その場から動けなくなるでしょう。
腰が固まると言われるように、痛みが生じた姿勢のまま、動くことのできない状態に陥ってしまいます。
特に、ぎっくり腰という名前の病気があるわけでは、ありません。起こった症状から、そのように呼ばれるのです。

 

一般的には腰のねんざにより、ぎっくり腰になります。場合によっては、何らかの病気や筋肉の疲労など、様々な原因が考えられるでしょう。
しかし、具体的な原因はハッキリ解明されていません。ヘルニアや腰椎閉狭窄症が原因となることもあって、症状はそれぞれです。

スポンサーリンク

【コルセットで様子をみてストレッチで再発防止】
日頃から筋肉を鍛えるストレッチを行なって、腰の周辺に専用のコルセットを作っておくことが大事です。しかし、生活習慣が乱れたり身体を酷使したりしていると、次第に腰の骨がズレたり筋力が低下したりして、ぎっくり腰を招きます。
ぎっくり腰になると、腰だけではなく、背筋や筋膜、足の筋肉にも様々なトラブルが発生するのです。ぎっくり腰の症状が出たら、痛みが引くまで安静を心がけましょう。痛みが酷いからといって、無理してまで病院まで行くのは大変です。通常のぎっくり腰は、数日も経てば自然に治まります。
ある程度、様子を見てから、病院へ行くかどうかを判断しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加