ためしてガッテン 腰痛改善 テニスボール

ためしてガッテンで紹介された腰痛改善のテニスボールの使用法とは?

スポンサーリンク

ためしてガッテンで紹介された腰痛改善のテニスボールの使用法とは?

 

人生の中で、誰もが経験すると言われているのが腰痛です。ぎっくり腰から椎間板ヘルニアまで、様々な原因があります。
しかし、腰痛を感じて病院に行っても原因が分からないことも多いのです。その大半は、腰の筋肉が固くなってしまっていることが関係しています。
そこで、一般的な筋肉痛による腰痛の改善法がテレビで取り上げられました。今回は、「ためしてガッテン」で放送された腰痛改善法をご紹介いたします。

 

【ボールを使った腰痛改善法とは?】
「ためしてガッテン」で紹介されたのは、テニスボールを使う方法です。テニスボールくらいの大きさと、硬さであれば他のボールでも流用できます。
まず、足の付け根にある大転子と腰上の腸骨の位置を確認します。次に、上記の骨の間にテニスボールを当てて、横になります。
この時、テニスボールを下敷きにして体重をかけるのがポイントです。

スポンサーリンク

【筋肉をほぐすことに集中する】
この改善法の目的は、臀筋を柔らかくすることです。つまり、負担が掛かりやすいお尻の筋肉をほぐしてあげるのです。
ですから、臀筋の広い範囲を意識して、テニスボールを移動させる事が重要です。患部が柔らかくなったら、周りの筋肉もマッサージしましょう。

 

「ためしてガッテン」で紹介された方法は、主に坐骨神経痛に効果があります。
椎間板ヘルニアのように、骨に異常がある症状には効果がありません。

 

腰痛が気になりだしたら、病院で受診することが先決です。
病名を確認してから、症状にあった改善法を試みましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

NHKの「ためしてガッテン」で腰痛体操が公開された
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
ためしてガッテンのテニスボール運動の意外な腰痛解消の効果とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。