腰痛 ベルト 寝るとき

腰痛を和らげてくれるベルトは寝るときもしていていいの?

スポンサーリンク

腰痛を和らげてくれるベルトは寝るときもしていていいの?

 

【腰痛対策ベルトを着けて寝ていいの?】
とにかく何をしていても、腰痛ではかどらないという人もいるでしょう。
これでは困ると、「腰痛対策ベルト」を愛用している人も多いはずです。
あまりの快適さに、つい一日中頼ってしまっているかもしれません。
そんな人は、一度はこんな素朴な疑問を感じたことがあるでしょう。

 

「腰痛対策ベルト」って、寝るときも着けていて大丈夫なのか、ということです。

 

【寝るときにベルトを外しても平気な理由】
結論から言うと、寝るときにベルトを着けることはオススメしません。
これには、いくつかの根拠があります。
・寝ているときには筋肉の緊張をほぐしたい
・血行不良になりやすい
・固定されているので別の場所の筋肉痛につながる
つまり、寝ているときが身体の緊張をほぐすチャンスだと言うことです。
患部を中心に縛り付けているので、血行不良に陥って、症状が悪化する可能性すらあります。

 

【寝るときにオススメの寝姿勢とは?】
いろいろなリスクを考えると、ベルトを着けて寝ることは避けた方が良いことになります。
では、寝るときの腰痛を改善するためには、どうしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

それには、いくつかのポイントがあります。

 

◆体を丸めて眠る
腰痛で眠りにつきづらい人は、足をピンと伸ばさずに寝ることが大切です。
イメージとしては、「もう少しで膝を抱えて眠る」くらいがベストになります。
このためにオススメなのが、抱き枕を活用することです。
もっとも楽な姿勢で、枕を抱え込むようにして下さい。

 

◆仰向けならクッションがお守り
楽な姿勢で寝ると言っても、横向きでは眠れない人もいるでしょう。
そんな人は、仰向けで膝を立てて寝ると効果的です。
さらに、寝込んでしまっても姿勢が保てるように、足の間にクッションなどを挟みましょう。

 

◆うつぶせは厳禁
腰痛で苦しんでいる人は、寝るときにうつぶせになるのはいけません。
これでは、身体を動かす度に腰に力が入りやすくなり、リラックスできないのです。

 

このように、寝るときの姿勢に注意するだけで腰痛が改善することがあります。
腰痛対策のベルトで寝ていた人も、試してみて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関連ページ

腰痛のコルセットは就寝時は外すべき!?その理由とは?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
腰痛にはコルセットの使い分けが大切!専門の販売店があった!
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
腰痛のマットレスは硬さが重要!選ぶ時は横になってチェック☆
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。