腰痛 痛み止め ロキソニン 効果

腰痛の痛み止めに効果的なロキソニンで痛みにサヨナラ

スポンサーリンク

腰痛の痛み止めに効果的なロキソニンで痛みにサヨナラ

 

【飲むタイプと貼るタイプどちらにする?】
腰痛を治すには、安静が欠かせません。
しかし、痛みが酷すぎると、こらえることもできないでしょう。
今回は、痛みを和らげる薬を上手に使い、急な腰痛を抑える方法を紹介します。

 

痛みを抑えたい時に、よく用いられるのがロキソニンです。
ロキソニンは、優れた効果で有名な鎮痛剤になります。
飲むタイプと、貼るタイプのロキソニンがあります。

 

確かにロキソニンは、痛みを和らげてくれる効果があります。
しかし、使用は短期間でとどめておくべきです。

 

【頼りすぎは危険なことがある】
鎮痛剤であるロキソニンは、同時に解熱剤でもあります。
長期間使用すると、低体温症などの副作用に注意が必要です。

スポンサーリンク

ロキソニンは、強い炎症や痛みを和らげる作用があり、急性期の強い痛みにも効果があります。
痛み止めとして素早く作用しますが、強力な薬ですので、空腹時に飲めば胃を荒らしてしまいます。
飲む時は、軽く食事を取るなどしてから飲みましょう。
胃薬などと一緒に飲むのも、オススメになります。

 

貼るタイプのロキソニンの使い方も紹介しましょう。

 

貼るタイプのロキソニンは、整形外科などで処方してもらえる、肌色のテープです。
ロキソニンテープを貼ることで皮膚から、有効成分を痛いところへと浸透させます。
痛いと感じる部分に、ロキソニンテープを貼ることが効果的です。
大体、4時間くらい効果が持続します。

 

痛みがぶり返してきたら、新しいものに取り替えましょう。
飲むタイプのロキソニンと同じく、長期間の連続使用は控えるべきです。
あくまで痛みに対する応急処置だと考えておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腰痛に効く痛み止めを探している人へ!成分でみるオススメ飲み薬
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
つらい腰痛に効く湿布は?おすすめの市販薬が知りたい!
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
その腰痛ちょっと待って!貼るのは温感?冷感?痛みのタイプで選べ
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。