高温期 5日目 腰痛

高温期が5日目を過ぎても続いたら妊娠のサインかも!産婦人科へ

スポンサーリンク

高温期が5日目を過ぎても続いたら妊娠のサインかも!産婦人科へ

 

【高温期と低温期ってどう判断するの?】
一般の成人女性の基礎体温は、低温期と高温期に分かれます。
そして、低温期と高温期の分かれ目の前後にあるのが、排卵です。

 

排卵前は、卵胞ホルモンが多く分泌されます。
一方、排卵後は、黄体ホルモンが多く分泌されるのです。
黄体ホルモンは、体温を上昇させる働きを持つので、排卵につれて基礎体温が上昇するという仕組みになります。
基礎体温が、低温期と高温期にきちんと分かれていることで、女性ホルモンが正常に分泌され、排卵が行われているということが確認可能です。

 

【もしかしたら?思ったら産婦人科へ】
予定よりも高温期が、長く続く場合、妊娠している可能性が持たれます。
腰痛などの自覚症状を感じる場合も、あるでしょう。
着床することで、骨盤などの痛みが生じる場合があります。
予期しない腰の痛みかもしれませんが、妊娠の兆候として考えられるでしょう。

スポンサーリンク

妊娠でない場合でも、高温期に腰痛を覚える場合はあります。
その痛みには、黄体ホルモンが大きく関与しているのです。
黄体ホルモンには、「プロンスタグランジン」と呼ばれる子宮を収縮させる物質を分泌させる働きがあります。
この物質が多く分泌されると、下腹部に痛みを感じたり、腰痛を引き起こしたりしてしまうでしょう。

 

高温期が続いてから、体温が下がり始めると、月経が始まるというサインです。
場合によっては、月経が始まってから、体温が下がることもあります。
基礎体温を、しっかり測定することで、月経の時期を予測できるでしょう。

 

高温期5日目の腰痛は、いずれにしても身体からのサインです。
どちらにしても気になる兆候が見られる場合は、婦人科を受診しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

卵巣嚢腫が疑われる症状の一つに腰痛がある!自覚したらかなり深刻?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
臨月になると腰痛がひどくて歩けない?それは出産の合図だった
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
急な腰痛は何が原因?女性はただの腰痛ではないかも?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
急な女性の腰痛の意外な原因と症状と治療法とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
高温期5日目に生じる腰痛の意外な原因と対策方法とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。