食後 右側 腰痛 原因 対処法

食後の右側の腰痛の原因と対処法

スポンサーリンク

 今回は食後の右側の腰痛の原因と対処法についてです。
 腰痛のイメージは重たい荷物を持ったりしたときに腰を痛めるものだと思われがちです。しかし、内臓系の疾患のサインとして腰痛が発生することもあるので注意が必要です。
 腰痛を発症するのが特定の時間帯や場所であるといった条件がある場合は、その腰痛の原因を探しやすいといえるでしょう。
 例えば、食後に腰の右側に痛みが発生する場合であれば、消化不良などの消化器系のトラブルである可能性が高いといえます。食後に腰の右側が痛くなる他の原因として、胃潰瘍である場合も考えられます。また、もっと有名な食後の右側の腰痛の原因として、胆石症、胆道ジスキネジー、ポリープなどの胆のう系の病気である可能性も考えられます。さらに、食後に限らず、腰の右側に痛みの症状があるケースでは、虫垂炎や肝臓がんなどの可能性も考えられます。
 また、十二指腸潰瘍や膵炎、腎炎や腎臓がんなどが原因で腰に痛みが生じることもあるようです。
 このように、腰の痛みは内臓と密接な関係があります。ですから、腰の痛みの原因が恐ろしい病気である可能性もあります。
 このように腰の痛みの原因が病気の可能性があるので、腰に痛みの症状があるときは安易な自己判断をしないようにしましょう。そして、一度病院で詳しく検査を受けて、医者の診断を参考にしてみることです。

スポンサーリンク

 食後に腰の右側が痛む症状があるケースでは、腰の右側が痛む症状の原因で一番考えられることは胆石症だといわれています。
 胆石症とはその名のとおりの病気です。胆汁が固まって、胆石ができてしまう病気です。胆石症の症状が軽い場合は短時間で痛みも治まるケースもあります。しかし、胆石症の症状が軽く場合のケースでは、激しい痛みの症状に襲われてしまうのです。また、発熱の症状や冷や汗の症状なども生じることもあるでしょう。
 さらに、胆石症の症状では、黄疸が出たりすることもありますし、吐き気の症状に教われることもありますので、とても辛い症状だといえるでしょう。
 このような胆石症が多くみられる人には傾向があります。例を挙げれば、コレステロール値が高かったりであるとか、糖尿病であるとか、多産であるとか、遺伝などのケースもあるようです。
 また、肥満なども胆石症になる原因の一つだと考えられています。そのため、胆石症を予防するためには、食生活を中心とした生活習慣の見直しが効果的だとわれています。
 もっとも、胆石症にも痛みの症状がない無痛のケースもあるといわれています。無痛の胆石症のケースでは基本的に治療の必要はないといわれています。
 しかし、痛みの症状がある胆石症では、胆石を取り除く必要があると思います。
 胆石を取り除く方法として、手術で取り除く胆のう摘出術があります。また、体の外から衝撃波を与えて砕く破砕療法もあります。さらに、胆石を溶かす専用の薬を使用する溶解療法などがあるともいわれています。
 自分の胆石症の症状にあった方法を専門医と相談して治療することです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

食後の腰痛と腹痛の関係と解消法
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
食後の腰痛で腰の左側に痛みがあるときの病気
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
食後における腰痛の原因と対策法
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
食後における腰痛と胃痛
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。