食後 腰痛 胃痛

食後における腰痛と胃痛

スポンサーリンク

 今回は食後における腰痛と胃痛についてです。
 このサイトを御覧になっている方のように、腰痛を経験したことのある方は多いと思います。
 腰痛の原因はいろいろあります。その中でも、仕事の関係で腰痛になる方は多いと思います。
 デスクワークの方であれば、座って仕事をする時間が長くなります。そのため、同じ姿勢をしている時間が多くなってしまい、腰が痛くなるのです。
 レジを打つ仕事のように、立ちっぱなし仕事であったり、1日中動き回る営業の仕事をしている方も腰に負担がかかっているのです。
 このように姿勢や体型が原因で、腰に負担がかかっている人もいます。その結果として、腰に痛みが発生するのです。
 また、他にはぎっくり腰に何回もなっている人についても、腰痛持ちといわれる症状になりやすいといわれています。
 腰痛が慢性かしてくると、さらに症状が悪くなり、ヘルニア等の症状になることもありますので、気を付けておかなければならないでしょう。
 さらに、腰痛の原因が加齢が原因となっている腰痛もあるようです。
 加齢によって、年齢が高くなってくると、体の水分が減少してきます。その結果、体が乾燥してくるようになりますす。
 また、年をとれば運動量も減ってくるのが普通です。さらに、血流が悪くなることもあるでしょう。
 これらの腰痛改善策にはどのようなものがあるでしょうか??
 例えば、仕事や家事の合間にストレッチをするということがあります。また、水分をたっぷり取ることもいいでしょう。当たり前ですが、適度な運動もいいでしょう。さらに、マッサージや足つぼなどをもむこともいいでしょう。食べ物でも栄養バランスを考えてサプリメントで補給することで腰痛対策ができます。最後に、コルセットで腰を固定するなどの方法もあります。 以上のように腰痛対策はさまざまな方法があるのです。
 腰痛改善のために整体や鍼治療を試してみるのもいいのではないでしょうか。
 とりあえず、腰痛がするのに腰痛をそのままの状態で放置することなく、改善することを心がけてみましょう。

スポンサーリンク

 食後に、すぐに横になったり、眠ったりしたときに、胃痛の症状を感じることはありませんか??
 その原因は、食べ物がきちんと胃まで運ばれていない状態で、横になることで消化が悪くなるからです。その結果、胃痛や逆流の症状が発生するのです。
 食事の前には、酸っぱいものを食べたり、飲んだりすると、消化にいいといわれています。どうしてかというと、胃酸を多く分泌するためです。
 例えば、リンゴ酢や酢の物などが消化にいい食べ物だといわれています。
 食後は、できるだけ起きている状態で、胃が下になるように座るように心がけましょう。
 また、食後はゆっくり過ごすようにしましょう。そうすることで、食べ物がゆっくり胃に運ばれて消化していきます。
 ご飯をゆっくりよく噛んで食べることで、胃痛の症状が和らぐでしょう。
 ご飯をゆっくり良くかんで食べることや、食べてからすぐに横にならないことに注意するだけで、胃痛や逆流性食道炎になることの防止法になるでしょう。
 また、食後にすぐに運動することも、胃にとっては悪いといえるでしょう。
 食後すぐに運動することで、横腹が痛くなる症状が出ることもあります。また、胃から食べ物が逆流する原因となることもあります。
 以上のことを心がけて、胃に優しい食べ方や食事をすることを心がけましょう。
 最後に繰り返しになりますが、ゆっくり良くかんで食べることや、食後はしばらく座ることを心がけて、食後すぐに寝ないことに注意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

食後の腰痛と腹痛の関係と解消法
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
食後の右側の腰痛の原因と対処法
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
食後の腰痛で腰の左側に痛みがあるときの病気
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
食後における腰痛の原因と対策法
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。