腰痛 腹痛 原因 受精

腰痛や腹痛の原因が受精ということもある

スポンサーリンク

 腰痛や腹痛の症状が生理の予定日前に出る人もいます。
 このようなケースでは、生理前のPMSの症状だとほとんどの人が感じると思います。しかし、その痛みの症状は受精卵が子宮内膜に着床したときの痛みの可能性もあります。
 精子と卵子が受精した段階では妊娠の自覚症状がないケースが多いでしょう。しかし、受精してから1週間ほどをかけて、精子は子宮内膜に着床します。
 その際に、精子は子宮内膜をかき分けて、子宮内膜に入り込もうとします。そのことが原因で、出血、腹痛、腰痛のような痛みの症状が生じるとされています。この時の痛みは着床痛といわれているものです。
 精子が着床したところで、妊娠したということになります。しかし、生理前の腰痛や腹痛の原因は精子が着床したときの痛みであるという意見もあります。
 この時の痛みはPMSや生理痛と同じような痛みだと感じる人が多いようです。そのため、PMSや生理痛の症状だと思う人がいることも自然なことでしょう。しかし、中にはPMSなどの痛みとは全く異なるような痛みを感じる人もいるようです。例えば、鈍痛や骨盤全体の痛みの症状を感じる人もいるようです。
 このように痛みの症状を感じる人も入るのですが、着床痛というものは医学的には根拠がないようです。着床痛というものは妊娠した人がなんとなく着床した時期に痛みを感じたような気がするといっていることが由来とされています。医学的根拠はないとはいっても、たくさんの妊娠した女性が着床痛の経験があるのだと思います。

スポンサーリンク

 では、受精卵が着床したときにどうして痛みが起こるのでしょうか??その痛みが発生する原因はホルモンの分泌バランスの変化にあるといわれています。
 ホルモンの分泌バランスの変化といっても、生理前、妊娠初期、妊娠後期に多く分泌されるリラキシンというホルモンの分泌の変化が痛みの原因となっているようです。
リラキシンは関節を緩める作用があるのです。
 関節が緩くなって、骨盤が緩むと妊娠や出産をしやすくする効果があると言われています。
 この効果によって、骨盤の周りの骨が動いてしまいます。そのため、腰の痛みを感じる人もいるようです。
 この腰の痛みは痛みを感じやすい人なら、ぎっくり腰のように起き上がることもすらできなくなるほどの強い痛みに感じてしまうこともあるようです。
 着床した受精卵が成長するときに腰の痛みを感じることもあるといわれています。
 腰痛ではありませんが、腹痛は着床した受精卵が成長するときに感じる痛みという意見もあります。
 この痛みは受精卵が子宮の中で大きくなろうとしていることが原因の痛みだといわれています。その痛みはチクチクした痛みやズキズキした痛みだと訴える人が多いようです。
 以上のような痛みの症状があるケースでは、妊娠している可能性があります。ですから、このような痛みを感じたら安静にすることが大切です。
ここで安静にせずに無理をしてしまわないようにしましょう。なぜなら、胎児に影響が出る可能性があるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

体外受精が原因の腰痛の対策
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
人工授精が原因の腹痛・腰痛対策
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
受精後の腰痛の原因や症状や対策法
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
受精と腰痛の意外な関係と症状とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。