体外受精 腰痛 原因 対策

体外受精が原因の腰痛の対策

スポンサーリンク

 今回は体外受精が原因の腰痛の対策についてです。
 妊娠を望んでいてもなかなか妊娠しない方が、妊娠することを願ってする体外受精が一般的な治療法として最近知られるようになってきました。
 体外受精とはどういったものなのでしょうか??
 体外受精とは採卵・採精した卵子と精子を文字通り体外で受精させます。そして、その受精卵が細胞分裂し4〜8細胞に分裂するまで待ってから、女性の子宮に戻す妊娠方法のことを示しています。
 この一連の作業は「胚移植」といわれます。胚移植後には受精卵が着床する確率を高くするために、ホルモン薬が投与されることがほとんどです。
 受精卵が子宮内膜に着床する際に、着床痛を感じる方は多いようです。着床痛がどんな痛みかというと、生理痛と似たチクチクするような痛みだと話す方が多いようです。
 これと同様に、体外受精によって妊娠された方も着床痛を感じる人もいるようです。
 実は、体外受精で妊娠する方が、着床痛のような腰痛などの妊娠兆候を感じやすいようです。
 自然妊娠と異なり体外受精のケースでは、着床日が計算しやすいといわれています。ですから、着床痛や腰痛などの妊娠兆候に気づきやすいことが原因になっていると思われます。
 妊娠プロセスが異なることが理由で、着床日周辺のわずかな体調の変化にも、気づきやすくなっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 以上のように、着床痛は生理痛と似ているといえます。腰痛を感じても、その中には、着床ではなく生理だということもあるでしょう。
 不妊治療することなく、自然と妊娠できたときと同じように、楽な気持ちで妊娠したかどうか分かる日を待つことが大切です。思い悩み過ぎないようにすることが、このようなデリケートな時期の腰痛による体調不良を上手に対処する助けとなるでしょう。
 下腹部周辺が冷えてしまうと、筋肉が硬くなり、血行も悪くなり、これが原因で腰の痛みを感じる物質が体外に排出されにくくなることもあるでしょう。。 ですから、体外受精後や自然妊娠が考えられるケースでは、下腹部周辺をできるだけ冷やさないような対処法も検討する必要があるでしょう。
 下腹部周辺を冷やさないようにして、温めることをしていけば、血行がよくなります。そのことが、子宮内の環境を適切にすることもあるといわれています。そうなれば、妊娠する確率が上昇するともいわれています。
 腰の痛みが続くようであれば、出血していなくても、産婦人科で診察してもらうことを心がけましょう。
 腰の痛みが着床痛ではなく、流産する可能性のある痛みであれば大変です。
 最後に、お腹の痛みを感じたときに、妊娠かな??って思うときは、可能な限り安静にして、専門医の診察を受けることが重要ですよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腰痛や腹痛の原因が受精ということもある
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
人工授精が原因の腹痛・腰痛対策
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
受精後の腰痛の原因や症状や対策法
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
受精と腰痛の意外な関係と症状とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。