人工授精 原因 腹痛 腰痛 対策

人工授精が原因の腹痛・腰痛対策

スポンサーリンク

 今回は人工授精が原因の腹痛・腰痛対策についてです。
 最近では、男性女性とも晩婚化が進んでいます。そのため、不妊治療を受ける方が増加しています。
 今回は不妊治療の中でも、人工授精と腰痛の関係についてです。 
 人工授精とは女性の子宮内に人工的に精子を注入する治療法です。ですから、精子が受精して、着床をするという妊娠するまでの過程は普通の妊娠のような形式となります。
 人工授精は自然妊娠に近いものなので、人気があります。なかなか妊娠しないケースで人工授精を試みるケースが増えています。
 人工授精の目的は精子が子宮内に入るのを助けることです。人工授精は不妊の原因が精子にあるケースで、効果が高い治療法だと言われています。
 人工授精は精子減少症や精子無力症や性交障害のケースで、受精に成功しているといわれています。
 人工授精で妊娠する人の約90%が6回目以内の人工授精で成功するといわれています。そのため、6回を目途に他の受精方法である体外受精をするかどうかの検討材料になることがあります。
 このように人工授精はメジャーな方法ですが、女性の年齢が高いケースでは妊娠確率のより高い体外受精から始めるということもあるようです。

スポンサーリンク

 人工授精は通常のケースでは、痛みの症状はほぼないといわれていますが、痛みの症状を感じる人もいるようです。
 痛みの原因や症状も個人差があります。痛みの症状があるケースでは、病院で診察を受けるようにしましょう。痛み止めなどの薬をもらえば、痛みの症状がやわらぐ可能性は高いでしょう。
 人工授精が原因で腰痛の症状を感じる原因はいろいろあります。一つ目は治療法自体が痛みの原因になっている場合があります。
 精子の注入にはカテーテルが用いられます。カテーテルはとても細く柔らかいものだとされています。しかし、カテーテルが子宮の上部にぶつかったときに、に子宮が収縮を起こしてしまいます。このときに、腹痛や腰痛の症状が発生することがあるようです。
また、子宮口が狭いケースでは、機械を使って広げるたりすると腹痛や腰痛になることがあります。
 以上が原因の痛みの症状はこれらの痛みは痛みどめ薬で対策することができます。
 原因の二つ目は排卵誘発剤や排卵が痛みの原因となっている場合です。
 この場合の原因の特徴は痛みの症状と同時にお腹が張るという特徴があります。
 卵巣が排卵誘発剤の副作用によって、腫れが大きくなることがあります。この腫れが重症化すると、血栓症にもなるといわれています。ですから、お腹が張る状態が継続するようなケースでは、一度病院で診察を受けることをおすすめします。
 原因の三つ目はストレスが原因となっている場合です。
 心身ともに不妊治療は多大な重圧がかかります。この重圧だけで、他に腰痛の原因がなくても、腹痛や腰痛の症状を感じることもあるのです。
 この場合の腹痛や腰痛の対策法はリラックスすることです。しかし、意識してリラックスすることは案外難しいものです。簡単に、同じ悩みを持つ人に相談してみることで、無意識にリラックスできていることもあるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腰痛や腹痛の原因が受精ということもある
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
体外受精が原因の腰痛の対策
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
受精後の腰痛の原因や症状や対策法
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
受精と腰痛の意外な関係と症状とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。