受精後 腰痛 原因 対策

受精後の腰痛の原因や症状や対策法

スポンサーリンク

 今回は受精後の腰痛の原因や症状や対策法についてです。
 普通は受精した時に、腰痛になることはあまりないといわれています。腰痛だけでなく体調面での変化もあまりみられません。
 受精とは精子と卵子が結合した状態をいいます。この状態では、精子は子宮内膜すらたどり着いていません。
 受精から約7日から10日程度経過した後に、ようやく受精卵は子宮内膜の奥に達します。そして、着床するのです。
 このように、受精卵が子宮内膜に着床した時点で、妊娠ということになります。
 受精後すぐに腰痛などの症状はおろか体調自体の変化を自覚する人はすくないといわれています。そして、受精後に着床したところで妊娠するのですが、その後にいろいろ体調の変化を感じるようになるといわれています。
 人によっては、着床時に腰痛とや臀部や太ももに痛みの症状を訴えることもあるようです。このときの腰痛の症状の特徴として、腰の部分だけでなく、腰の周りの広範囲について、痛みの症状を感じるようになるようです。
 この受精後を経て着床後の腰痛対処法はいくつかあります。
 まずは、腰回りが冷えないように注意して、対処しましょう。腰の周りが冷えると、血流が悪くなります。そうなると、疲労物質が体内に貯まりやすくなるのです。それが原因で腰痛や腰周がだるくなってしまいます。

スポンサーリンク

 妊娠後はつわりの症状は有名です。しかし、そのほかにも下腹部の張りや痛み、腰痛、胸の張り、頭痛、眠気のようにいろいろな体調の変化を感じるようになるでしょう。
 下腹部に痛みの症状がある場合は特に注意が必要です。胎児に悪影響がある可能性があります。この場合や体調不良が続くケースでは、専門医の診察を受けた方がいいでしょう。
 着床痛というものもあります。着床通とは文字どおり受精卵が子宮内膜に着床するときに発生する痛みの症状のことをいいます。
 この着床痛についてですが、受精卵が着床することで痛みを感じることはないという意見の専門家が多く、医学的根拠はないといわれています。
 しかし、現実に着床痛を感じる人はたくさんいます。着床痛は着床した受精卵が子宮内膜の奥深くへもぐりこんで根を張ろうとすることが原因で、痛みの症状を感じるという意見もあるのです。
 個人差はありますが、着床痛は生理痛の痛みと痛みの感じ方が似ているともいわれています。
 着床痛、妊娠超初期症状、妊娠初期症状と呼ばれる女性特有の体調不良というものの存在が指摘されています。
 ここでの体調不良の原因は妊娠した時に分泌されるホルモンの可能性も指摘されています。
 このような体調不良は大なり小なり妊婦であれば経験するものなので、あまり考えすぎでストレスをためないことも着床痛対策だといえます。
 リラックスすることを心がけましょう。それは母体にとっても、赤ちゃんにとっても大切なことなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関連ページ

腰痛や腹痛の原因が受精ということもある
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
体外受精が原因の腰痛の対策
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
人工授精が原因の腹痛・腰痛対策
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
受精と腰痛の意外な関係と症状とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。