受精 腰痛 関係 症状

受精と腰痛の意外な関係と症状とは!?

スポンサーリンク

 今回は受精と腰痛の意外な関係と症状についてです。
 受精時に感じる自覚症状に腰痛をあげる女性はおおいといわれています。
 このときの腰痛は着床痛と呼ばれるものです。着床通は受精卵が子宮に着床するときに感じる痛みの症状だといわれています。
 受精卵は着床すると、子宮内膜の中へ入り込み根を張ろうとします。このときに、子宮内膜に傷がつき出血するのです。
 この時の出血を着床出血といいます。着床出血については、医学的根拠があるといわれています。しかし、着床痛については医学的な根拠は存在していないといわれているのです。
 ですから、腰痛の症状がないときでも、妊娠することだってあるのです。
 生理予定日の数日から一週間の間に腰痛の症状を感じるケースが多いという意見もあります。
 ちくちくしたような小さな針で軽く刺されている感覚の痛みの症状をこの時に感じるといわれています。
 このとき痛みの症状がある部位ですが、太ももの付け根辺り、お腹全体、下腹部のどこか等、人によっていろいろな部位で痛みの症状が出てくるようです。
 妊娠すると妊娠特有のホルモンが分泌されます。そのホルモンの効果で、骨盤の関節全体が緩むようになるといわれています。そのゆるみが原因で、腰痛を感じやすくなるという人もいます。
 このとき、強い痛みを感じる人もいれば、鈍痛のような痛みを訴える人もいます。

スポンサーリンク

 腰痛は生理前に発生しやすいようです。いつも感じている腰痛や生理痛と異なる痛みであれば、妊娠したことも考えられます。
 生理前の状態と妊娠した状態を区別することはなかなか難しいでしょう。腰痛以外でも、胸の張り、だるさ、熱っぽさ、吐き気、頭痛、腹痛のような他の症状も考慮して、総合的に判断する必要があるでしょう。
 それでも、着床出血した後に、腰の痛みや高温期が2週間以上続くことがあれば、妊娠していると考える確率はさらにあがります。
 この場合、お風呂にゆっくりと浸かってリラックスすることで、腰痛対策をしましょう。
 妊娠初期の状態では、身体的にも精神的にもデリケートな時期です。この時期は、可能な限り心身ともに休んで、落ち着かせることが重要なのです。
 お風呂で温めることで、血行がよくなれば、腰痛の症状も改善されます。ですから、温かいお湯にゆっくりと浸かって心身ともに癒してあげましょう。
 他にも、毎日気持ちに余裕をもって過ごすことを心がけましょう。そうすれば、心身ともにリラックスした状態を維持できるでしょう。
 いつもと違う腰痛や、痛みが激しい腰痛や、我慢できないほどの辛い腰痛症状が出たら、すぐに病院で専門医の診察を受けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関連ページ

腰痛や腹痛の原因が受精ということもある
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
体外受精が原因の腰痛の対策
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
人工授精が原因の腹痛・腰痛対策
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
受精後の腰痛の原因や症状や対策法
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。