お尻の ツボ押し 腰痛 効果

お尻のツボ押しが軽い腰痛に与える意外な効果とは!?

スポンサーリンク

 今回はお尻のツボ押しが軽い腰痛に与える意外な効果についてです。
 一言で腰痛といっても、いろいろな種類の腰痛があります。その中でも、ヘルニアは重症となりやすいので注意が必要です。ヘルニアとは椎間板の損傷によって、神経が圧迫されて痛みを生じるものです。ヘルニアは筋肉や骨のズレを矯正して治療するのではなく、病院での治療や手術が必要となるのです。
 腰痛の中でも、姿勢の悪さなどが原因の軽度な腰痛であれば、湿布やマッサージなどでセルフケアをすることによって、腰痛の症状を緩和させた経験のある方もいるのではないでしょうか??腰痛は腰に負担の掛かる作業や姿勢によって、発症することもありますし、疲労が蓄積することが原因で痛みの症状を感じるようになることもあります。
 腰痛の中には、腰椎に問題がないので、湿布や腰をマッサージする対処法をすることもあります。しかし、そのような対処症を施しても、症状がなかなか改善しない腰痛の存在は多く認識されているところです。
 腰に小さな負荷がかかった状態でも、腰痛の症状を感じるケースでは、腰痛の原因がお尻のクッションが硬くて、弾力性の乏しい筋肉質であることが原因のこともあるようです。また、左右のお尻の中心部分が硬いケースでは、腰痛が慢性化する場合もあるともいわれているのです。

スポンサーリンク

 お尻の本来の役割は座ったり、歩く時にクッションの働きをして、腰椎の衝撃を少なくすることです。しかし、お尻が硬いと、腰に衝撃が直接届くので、腰痛の症状を発生させやすくなるのです。
 このような症状のケースでは、マッサージをすると筋肉を傷つけてしまうこともあります。ですから、お尻のツボを押すことで腰痛の症状を緩和させること対処法をとることもあるのです。
 この場合では、環跳というお尻のツボがポイントとなります。環跳は股関節などに特効性を持つツボとしての特徴もあります。ですから、ぎっくり腰の予防に用いられることもあります。
 環跳は左右のお尻の中心にあります。立姿勢で窪んでいる部分にあります。
 環跳は痛気持ち良いと感じる程度に押すのが効果的だといわれています。しかし、慢性的な痛みの症状がある腰痛のケースではお尻が筋肉質であり、硬さがあることから、指がツボに入らないケースもあるようです。そのようなケースでは、、お風呂やホッカイロで温めた後に、お尻のツボを刺激してあげると効果的だといわれています。
 冷えた腰をツボ押しで刺激しないように気を付けることも重要です。負荷となる下半身にポイントを集めましょう。そして、立ち姿勢、横向き、寝姿勢などの姿勢に注意することも大切です。クッションなどを挟むことによって、腰の負担を和らげてあげることも大切でしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加