高温期5日目 腰痛 原因 対策

高温期5日目に生じる腰痛の意外な原因と対策方法とは!?

スポンサーリンク

 女性の体温は女性ホルモンの分泌によって変動します。
 具体的には、0.3度から0.5度くらいの変動だといわれています。毎日、体温を測ることによって、排卵のタイミングを確認することもできるのです。
 女性の体温の周期ですが、生理と関連しているように約28〜35日周期でまわってくるといわれています。
 生理になると、約14日前後で排卵が起きます。そして、排卵日までは低温期が継続するのです。
 さらに、排卵後に高温期になります。このとき、妊娠していないケースでは、次第に低音になっていくのです。
 高温期5日目に感じる腰痛の原因は妊娠の超初期症状に関係があるとも考えられているのです。
高温期5日目とは排卵日前後に受精した受精卵が子宮に着床する位の時期のことをいいます。
 受精卵が子宮に着床します。そうなると、妊娠を継続する目的で、ホルモンの分泌が始まります。それが原因で、女性の体内におけるホルモンバランスが変わるのです。
 その変化によって、腰の痛みを高温期5日目の時期に感じるといわれているのです。
 この腰痛を感じるかどうかは個人差があります。痛みを感じない人もいれば、腰の痛み以外にも下腹部の痛みを感じたりなど、いろいろな症状を感じるようです。

スポンサーリンク

 腰痛が高温期5日目が原因の腰痛かな??って感じたときは、安静に過ごすことです。それが対策になります。
 腰痛対策として、ストレッチなど考えがちですが、妊娠していれば無理に動いたら、受精卵に悪い影響があったら大変です。
 高温期5日目が原因の腰痛であれば、寝ている体勢から起き上がるのもつらいような痛みの症状を感じる人もいるようです。
 痛みの症状を感じるケースでは、無理は禁物です。会社や学校を休んで、安静にしておきましょう。専門医の診察を受けることも大切です。
 できる対策は限られてくるのですが、入浴するときにゆっくり入浴してみるのがいいともいわれています。入浴は血行が改善するため腰痛を和らげる効果があるからです。そして、心身ともにリラックスできるというのも入浴のメリットでしょう。
 高温期5日目の腰痛の根本的な対策はなかなかないのが実情です。しかし、高温期5日目の腰痛の症状を感じるのであれば、何らかの対策はすることになるでしょう。
 このように高温期5日目の腰痛は大変なのですが、このような腰痛の症状を感じても、必ず妊娠しているということでもないといわれています。
 例えば、生理前のPMSの症状が悪くなっていることや子宮内膜症のような女性特有の疾患が原因で腰痛を感じることもあるようです。
 とにかく、症状が長引いたり、何か変な下腹部痛などを感じたときはもちろん、もっと早い段階でも、病院で診察を受けてみることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関連ページ

卵巣嚢腫が疑われる症状の一つに腰痛がある!自覚したらかなり深刻?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
臨月になると腰痛がひどくて歩けない?それは出産の合図だった
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
急な腰痛は何が原因?女性はただの腰痛ではないかも?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
急な女性の腰痛の意外な原因と症状と治療法とは!?
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
高温期が5日目を過ぎても続いたら妊娠のサインかも!産婦人科へ
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。