肩こり 歯が浮く

スポンサーリンク

肩こりは、様々な症状を引き起こします。
 首筋の痛みや頭痛といった症状の他に、時に歯が浮くといった感覚が生じることがあり、歯科医院を訪ねる方もいます。
 このような症状がある場合には、肩こりによって歯の根元にある歯根膜と呼ばれる部分にダメージが起こって可能性があるのです。
 この歯根膜は神経などが集中している部分で、歯と骨を結びつけるクッションの役割を担っています。
 そのため、肩こりによってこの部分の血液の流れが妨げられると歯が浮くといった感覚が起こることがあるのです。
 従って、こういった場合には、肩こりを解消すると共に、歯に負担をかけないように出来るだけ安静に保つことが必要になります。
 固い物を噛む、歯ぎしりをするといったことは極力避けることが大切です。

スポンサーリンク

 歯が浮く症状が起こった場合、まれに肩こり以外の原因が潜んでいることもあります。
 例えば、過去の歯科治療後に起こる部分的な炎症です。
 特に歯根治療を行なっている部分には、時に炎症が生じることもあります。
 膿などが溜まっていることもあるため、痛みがひどく腫れてくるといった状態が見られたら、歯科医院で診察を受けた方が良いということになるのです。
 また、日頃の癖がこういった症状を引き起こしていることも考えられます。
 緊張による歯の食いしばりや歯ぎしりなどの癖がある場合には、知らず知らずのうちに歯や歯根膜にもダメージを与えていることがあるのです。
 このような場合には、習慣を改善することが一つにアプローチ法となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

肩こり解消には、寝方も重要
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
肩こり解消にお勧めな寝方のポイント
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。