肩こり 歯痛 解消法

スポンサーリンク

人の頭の重さは平均すると約4〜5kgあるので、姿勢が悪いと肩への負担が大きくなります。
特に首が前傾すると首や肩への負担が大きくなり、首や肩の筋肉が緊張するようになります。
その結果、肩こりへとつながります。
そのため、パソコンや車の運転などで首が前傾する姿勢を長時間とり続けると肩がこりやすくなります。
首が前傾する姿勢をとると下顎の筋肉が後ろへと引っ張られ、この時に下顎に乗っている歯も一緒にずれます。
そのため、この姿勢を長時間とり続けると噛み合わせがずれてしまい、歯痛の原因となることがあります。
また、歯が痛くなると周囲の筋肉が緊張し、この緊張状態が長く続くと肩こりの原因となることがあります。
このように、肩こりと歯痛には密接な関係があります。

スポンサーリンク

肩こりの解消法で最も有効なのは、長時間同じ姿勢をとらずに時々ストレッチをすることです。
また、姿勢が悪いと肩がこりやすくなるので、矯正グッズなどを使って姿勢を矯正するのも有効です。
座っている時の姿勢だけでなく、立っている時や歩いている時の姿勢も矯正することが大切です。
姿勢の悪さが原因で歯痛になった場合は、整体などに行って下顎のズレを矯正することで痛みを解消することが可能です。
しかし、姿勢が悪いままだと再発してしまう可能性が高いので、姿勢の矯正も心がけることが大切です。
今すぐ痛みを軽減したい時は、合谷というツボを押すのが有効です。
合谷は、手の親指と人差指の骨が合流する地点から人差し指側に少しずれた位置にあります。
押し方は、少し痛いぐらいの強さで反対の手の親指と人差し指で揉むように押していきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

肩こり解消には、寝方も重要
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
肩こり解消にお勧めな寝方のポイント
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。
肩こりになると歯が浮く感覚に見舞われることがあります
腰痛の原因と症状と対策法について、あれこれ書いていきます。